2021 / 12月コラム

-----

〜 年は馬の走り  

    トゥセー ンマヌ ハイ

          月日が経つのは早い 〜

早いもので今年も残り1ヶ月を切りました。
先月開催された「第45回首里織展」には多くの方に足をお運び頂き、ご来場頂いた皆様、開催にあたりご協力頂いた皆様、心よりお礼申し上げます。

12月に入り当組合もすっかり師走モード。

顔を合わせる組合員さん同士、

「もう12月だよー、早いねー」

「だっからよー」

「今年は特に早く感じるさー」  

(毎年同じこと言ってる?)なんて会話もちらほら。

12月になり、南国沖縄もだいぶひんやりとしてきました。織りのお仕事をしていると、さまざまなシーンで季節を感じる事ができます。

精練(糸のお洗濯)から始まり、染め、織り上がった布の洗い張り等、特に水仕事も多く、冬場の此れらの作業は、底冷えする染め場も相まって身体の芯から冷え込みます。捻った蛇口の水の冷たさから、沖縄の短い冬を感じつつ、

「ああ…今年も色々あったな…」
「来年はどんな年になるのだろう…」等々…
色々な思いに馳せながら、月日の早さを感じます。

来年は寅年。
寅年は「春が来て、草木が成長し、物事が始まる年」と言われているとか…

なんだか、心躍りますね。

本年もどうもありがとうございました。来年も当組合を宜しくお願いいたします。皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。

今月から月一コラムを担当させていただきます。日々の気づきと共に、首里織について織り込みながらお伝えしていけたら…と思っています。宜しくお願いいたします。

              文章 上地ゆき枝  

 

2021年12月06日