2022 / 1月コラム

-----

〜思立ちがいい日

  ウムタチガ イイヒ 思い立ったがいい日〜

 

2022年 新しい年が明けました。

新年に向け、あらたな目標をたてられた方も多いかと思います。

また、何か新しい事を始めるいいタイミングかもしれません。

 

私も「今年は、帯を〇本織るぞ・・・」 「着尺に挑戦・・・」等々、毎年目標を掲げます。

でも、実際は予定通りに進まないことが多いです。正直、1年を通して同じモチベーションを保つことは難しい・・・

目標をこなせなかった時、自己嫌悪を感じる事もありますが、あえて目標をたてるようにしています。なぜなら、モチベーションが下がった時、

自分に気合を入れ直し、行動する原動力になる気がするからです。

 

この文章を考えながら、首里織の技法のひとつ「首里絣」を思い出しました。

首里絣は他の産地と異なり、手結式 ~ティユイ~という方法で織られています。

手結式とは、緯糸(ヨコイト)を手作業で1本1本ずらしながら柄を織りだす方法で、これは首里絣の特徴です。

着尺の場合 約13m 1本1本、糸をずらしながら柄を作り織りあげていきます。

「 1本1本・・・ 1日1日・・・」

目標=(イコール)日々の積み重ね・・・ではないかと思います。

コツコツと糸を1本1本ずらしながら柄を作り、手結いで織りあげられた首里絣となんだか似ているような気がしました。

                                                                文章:上地ゆき枝

                                                                

2022年01月11日